100点均一

100点均一 〜生活を100点に!

100点って取るのは大変…でも目指すことが大事!100均グッズ活用しまくります。

計量スプーン買うべきなのは?100均比較!


一番よく使うから



便利な計量スプーン

大さじ・小さじを測る為のスプーン。
ですが、一口にそうとは言っても実に様々な種類があります。

スミまですくえる形状など、ひと工夫のあるものや、



↓細かく使い分けが出来る複数本セットのもの。



デジタルで計ってくれる、なんてものも。




収納場所や、調味料の種類保管の形状にもよって使い勝手が違ってくると思うので、一番合ったものを選びたいものです。

100均の軽量スプーンは?

もちろん100均にも、様々な取り揃えがあります。
まず、1つ目のオススメがこれ↓

★置いて測れるスプーン★


もっぱらメインはこれです。 購入はダイソーだっかと。 何が便利かと言うと、、、

横から見ると、こんな風に段々になっています。 この段差で大さじ・小さじが測れるのです。

そして置いたまま上から見られるので、お醤油やみりんなど、よく使う液体調味料がとても計りやすいです。


メインはこれ一本でまかなえています!

用途によって使い分け

この軽量スプーンで本来は十分なのですが、軽量スプーンひとつというのも、実は意外と不便なもの…。

という事で、お次はコチラ↓

★スライド式すり切りタイプ★




こちらもダイソーにて。 新たに購入したこちらは、一本で大さじ・小さじ、しかも4段階で計れるというもの。

どういう事かというと、、、



このように、上についている部分がスライドして、スプーン部分のスペースが変わる方式。

持っている親指一本で量が変えられるのはとても良い発想です!

長いスプーンのメリット

なぜ新たな軽量スプーンが必要だったのかというと、コチラの為です↓


普段からずっとお砂糖はこちらのラカントSを使っています。

シッパータイプのパッケージなので、そのまま保管。
そのため、調理の時に軽量スプーンを突っ込むには、スプーンが短すぎる!

ラカントのパッケージには合わず、とても不便だったのです。

なのでこの際、専用スプーンを買い足して、パッケージに入れたままにしよう!と。

★参考★ ラカント使用メニュー

frogbeginner.hatenablog.com

frogbeginner.hatenablog.com



スライド式のダメなところ

スライド式の軽量スプーン、アイディアはとても良い!便利そう!と思ったのですが、、、使ってみたらダメダメでした…。

何がダメだったのかと言うと、



このように、スライド式は後ろに溝があり、ところどころでストップするようになっています。



しかし、これが割とすぐ取れる!

分解されては何の意味もありません。

しかも、分解されていなくとも、隙間にめっちゃ入る!



使ったのがラカンですから、パッケージの中に入れていると顆粒が思いっきり詰まります。
砂糖や小麦粉などの粉状のものには向いていないのではないかと思います。(粉物専用とは書いてあるけれども)

入れっぱなしではなく、都度の使用であればそこまで不便ではないかもしれませんが…。

しかしながら、取れやすいというのは、本来のメリットが完全に消え去ってしまうので、残念ながらオススメ品とは決して言えません。

シンプルな細長デザイン

結局、買い直しをしました。
選んだのはコチラ↓

★軽量スプーン(ロング)★


軽量スプーンセット

大さじ・小さじそれぞれとなった2本セットです。

長さは大さじ18cm小さじ16.6cmです。

本来なら2本あって逆にジャマと思うところですが、今回の目的で言うと、

大さじスプーン

大さじをそのままラカントのパッケージの中へ。 長さがたっぷりあって、むしろジッパー閉めるのがギリギリくらいですが、例え残量が少なくなっても奥でしっかりすくえるので最適です!

小さじスプーン

予定外に手に入った小さじは、コーヒー用のブライト専用にしました。


これも長さはギリギリですが、奥まで使えるようになって良かったです!

frogbeginner.hatenablog.com

それまではドリップ用に付いていたスプーンを使っていたので、こちらもかなり便利になりました。


軽量スプーンは奥が深い

見つけられたのは、色もホワイトでシンプルながら可愛いデザイン。

実はダイソーでも同じ商品を見かけましたが、たまたまだったのかブラウンしかありませんでした。

「ブラウンはちょっとなー」と思っていたところ、念願のホワイトセリアで発見!
さすがセリアです!

調理の時に頻繁に使うものなので、便利はもちろん、可愛さも兼ね備えられるとうれしいですね。